【ひな祭り】菱餅とはどんな食べ物?3つの色や形の意味&食べ方まとめ

ひな祭りでおひな様へのお供え物として飾る菱餅。

ピンク・白・緑色の3色で菱形の菱餅ですが、なぜ菱餅は3色で菱形をしているのでしょう?

また、菱餅はどのようにして食べるのが正解?

そんな見たことはあるけどイマイチ分からないひな祭りの菱餅についてまとめてみました。

ひな祭りとは

3月3日の桃の節句に行われる季節行事のこと。
女の子の健やかな成長を願って祝われるお祭りとして有名。
当日はひな人形を飾ったり、ちらし寿司などでお祝いをする。
詳しくは→『ひな祭りとちらし寿司の関係』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『菱餅』とは

菱餅(ひしもち)はひな祭りに食べられる菱形のお餅のことです。

ピンク・白・緑色の3色が重なっている見た目は春らしく可愛らしいですよね。

実はこの菱餅の3色にはそれぞれ意味があります。

菱餅の『色』の意味

菱餅の3色の意味
  • ピンク(桃色):厄除け、先祖を敬う
  • 白:清浄、健康
  • 緑色:穢れを祓う(厄除け)、健康

※3色の順番がピンク・緑・白のものもあります。

そんな菱餅の色の意味を深く掘り下げてみます。

ピンク(桃色)

菱餅のピンク色は「桃の花」を表しています。

果物の桃は古代中国で不老不死の象徴だったこともあるほど、縁起の良い食べ物として知られています。

日本でも邪気を払う・厄払い・魔除けなどという意味がある果物として重宝されてきました。

よって『ピンク色=桃の花=厄除け』という意味が込められていると考えられています。

また、ピンク色には『先祖を敬う』という意味もあります。

この『先祖を敬う』という意味の由来は不明でしたが、桃が持つ「子孫繁栄・子宝を授かる」という意味から込められた願いと推測します。


そんな菱餅ですが、かつてその桃色はクチナシの実で色付けされていました。

クチナシは解熱や炎症に効くとされ、古くから漢方薬の原料として使用されていた植物。

花は真っ白ですが、実はすり潰すと鮮やかな黄色になります。

クチナシの実は現在でも黄色の着色料として

  • 栗きんとん
  • 沢庵(たくあん)

などに使われています。

ピンク色じゃないの?

たしかに、クチナシの実で色を付けたらピンクではなく黄色になるはずです。

しかし、ネットで調べたところ「クチナシ=ピンク」という説ばかりで正確なところは分かりませんでした・・・。

花緒
花緒

はっきりしたことは不明ですが、もともとは『黄色・白・緑色』が菱餅の3色だったのかもしれません。真相は闇の中です。

結局のところ真偽は分かりませんでしたが、いずれにしても、現在販売されている菱餅のピンク色はクチナシの実ではなく食紅です。

菱餅の白色には「残雪」を表しています。

雪がまだ残る、春の初めのお祭りという感じですね。

白には『清浄・浄化』という意味があり、女の子に穢れがかからないようにという願いが込められているのでしょう。

また、この白色は菱の実が使用されていたという説もあります。

菱の実は薬膳にも使用され、その薬効は健胃・強壮と言われます。

さらに菱の実には、菱の実を食べ1000年以上生きたとされる仙人の逸話が残されていて、この話から長寿の象徴ともいわれています。

このように白色には健康の願いも込められているようですね。

緑色

菱餅の緑色は「草」を表しています。

3色は上から桃の花・雪・草と冬から春への季節の移り変わりも表しているのですね。

かつて菱餅の緑色はヨモギによって色を付けられていました。

いわゆる草餅ですね。

『穢れを祓う』という意味はヨモギが持つもの。

また、ヨモギは漢方薬としても使われる植物で、その効果からも『健康』という意味が込められました。

ヨモギの薬効は「月経痛・生理不順・不妊」とされています。この薬効から、ヨモギは『女性の健康の守護神』であるアルテミスから属名Artemisiaを命名されています。

緑色は最初はヨモギではなかった?

菱餅の緑色はもともとはヨモギではなく、最初は母子草(ハハコグサ)という植物を使用していました。

母子草とは

母子草は春~初夏にかけて花を咲かせる野草です。春の七草の1つ・御形(ごぎょう)でもあります。
詳しく知りたい方は→春の七草

しかし、母子草をすり潰して草餅にするのは「母と子をつき、餅にするのは縁起が悪い」と言われるようになり、今のヨモギに変わっていったとされています。

花緒
花緒

まあ確かにちょっと怖いと言えば怖い感じはしますね。

『菱餅=3色』は一般的じゃない?

菱餅と言えば「ピンク・白・緑色」の3色というイメージが一般的。

と思っていましたが、実は地域によっては2色・4色・5色・7色など数や色の種類が豊富だったりします。

菱餅の色の意味(3色以外)
  • 黄色:月を表している
  • オレンジ(橙):太陽を表している
  • 紫色:意味は不明

ここまでカラフルだと虹みたいですね。

また、そもそも江戸時代まで菱餅は緑・白の2色のみでした。

この2色を段々に重ねて飾っていたのがかつての菱餅だったとされています。

花緒
花緒

3色の菱餅が一般的、という考えは誤りだったようですね。

菱餅の『形』の意味

菱餅の形は、その名が示すとおり菱形です。

しかし、菱餅はどうして菱形なのでしょう?その理由を探ってみました。

そもそも菱形とは

菱形とは4本の辺の長さが等しい四角形のことです。

向かい合う辺が平行な平行四辺形の一種でもあります。

小学生の時に算数でやったね。

菱餅の形の由来

菱餅の菱形の形の由来はいくつかの説があります。

  1. 植物・菱の実の形がモチーフ
  2. 菱形が大地を表している
  3. 心臓の形を表している
  4. 武家の流派・小笠原流の家紋がモチーフ

諸説ありますが、一番有力なのは「1.植物・菱の実の形がモチーフ」だと思われます。

もともとは三角形だったという説もある菱餅。

謂われはさまざまありますが、ただ単に切りやすかっただけかも知りません。

菱餅の食べ方

菱餅は色付けしてあるだけなので、普通に餅として食べることができます。

菱餅を食べる際の注意点
  • 食べる前はおひな様にお供えする
  • 食べるのは3月3日を過ぎてから
  • 角を取るようにして食べる→角が取れて円満にという意味
  • 色ごとに分けて焼くのがオススメ

↑にまとめた菱餅の食べ方は、昔から食べられている杵つき餅の菱餅の場合。

近年市販されている菱餅は甘い味付けがされた和菓子なので、そのまま美味しくいただきましょう。

まとめ

  • 菱餅に色には女の子の健康や厄除けといった意味が込められていた
  • 菱餅の形は菱の実の形が由来になっているという説が有力
  • 菱餅は普通の切り餅のように焼いて食べる

ひな祭りで飾られる菱餅ですが、調べてみると全然知らないことばかりで面白かったです。

普段は菱餅を飾らない、というご家庭でも、今年は菱餅を飾ってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました