お雑煮がお正月の定番料理となったのはなぜ?関東・関西など地域別のお雑煮まとめ

お正月の定番料理の1つ・お雑煮(ぞうに)についてまとめました。

お雑煮ってそもそもどんな料理なのでしょう?

また、なぜお正月に食べられるのか、地域ごとのお雑煮の違いも調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「お雑煮」とは

お雑煮とはお餅が入った汁物です。

汁物にお餅が入れば「お雑煮」となります。

そのため、日本各地には地域色が豊かなあまたのお雑煮が存在します。

家庭ごとにも違いがありますので、もはやその種類は無数にあると言えるでしょう。

お雑煮の発祥

日本では、遅くとも室町時代にはお雑煮が食べられていた記録があります。

お雑煮の発祥については諸説ありますが、もともとは武家で食べられていたというものが主流のようです。

武家は戦の最中、お餅と一緒に乾燥させた野菜などを煮込んだ料理を食べていたとされています。

その武家の野戦料理と、元から存在していたお正月にお餅を食べる文化が合わさってお正月にお雑煮を食べる文化が誕生。

文化は武家社会から庶民にまで広がり、いつしか定番となったというものです。

名前はなぜ「雑煮」なのか

お雑煮の発祥である武家社会では、かつてお雑煮は『烹雑(ほうぞう)』と呼ばれていました。

この『烹雑』の『烹』には「煮る」という意味。

花緒
花緒

割烹の「烹」でもありますね。

この『烹雑』がやがて『煮雑(にまぜ)』と呼ばれるようになり、その字の順番が入れ替わり「雑煮」となったというのが名前の由来です。

お雑煮はお正月限定ではない?

お正月料理のイメージが強いお雑煮ですが、別にお正月以外の日に食べても変ではありません。

明確に定義されているわけではありませんが「お雑煮」という名前はお正月限定。

お正月以外に食べる『お餅が入った汁物』は餅吸物」、もしくは「おつけもち」と呼ばれるとのことです。

お雑煮は『お椀』も重要

お雑煮はお餅が入った汁物である料理も大切ですが、料理を盛り付ける『お椀』も同じくらい重要とされています。

お雑煮に使用するお椀は漆器、蓋付きの高級感溢れるタイプが主流。

また、お箸にも専用の『雑煮箸』と呼ばれるものがあります。

花緒
花緒

お正月のお祝いとして漆器のお椀をそろえたら素晴らしいですが、現在ではプラスティック製でも風格のあるお椀が多数そろっているので、そこまでこだわる必要もないでしょう。

地域別「お雑煮」の種類・特徴

地域色が強いお雑煮。

そんなお雑煮は大きく『お餅の形』『お餅の調理方法』『汁物の種類』によって分けられます。

関東・関西地方の違いを表でまとめてみました。※一部地域では異なります。

関東関西
お餅の形角形丸形
お餅の調理方法焼く焼かない
(煮る)
汁物すまし汁味噌汁
(白味噌)
関東・関西のお雑煮の違い

関東・関西のお雑煮は全ての項目で違いが見られました。

花緒
花緒

わたしは関東の人間なので『四角いお餅』を『焼いて』から『すまし汁』に入れています。

お餅の形は、角形は「一度に多く作れるように」という効率重視、丸形は「家庭円満・物事を丸く収める」という意味が込められているとのこと。

さらに、汁物に入れる前にお餅を焼くのは「香ばしさを出す」ためと風味を意識したものとなります。

また、その他の地域についても簡単にまとめてみました。

日本各地のお雑煮
  • 北海道地方:基本は『関東風』だが、地域ごとに特色が強い。すまし汁に砂糖が入ってることもある。
  • 東北地方:基本は『関東風』。沿岸部ではいくらなど海産物が、山間部では野菜がふんだんに加わった贅沢なものも。
    ★岩手県・三陸地方ではクルミをすり潰したタレにお餅を付けて食べる文化もあり。
    ★山形県は焼かない丸形のお餅をすまし汁に入れることも。
  • 関東地方:『関東風』が基本。地域ごとに特産品が加わる。三つ葉を加えるのは江戸雑煮の特徴。
  • 中部地方:『関東風』の地域が多い。ただ、太平洋側はお餅を焼かない地域が多い。
    ★新潟県の越後雑煮は鮭の頭やいくら、たっぷりの野菜を加えた具だくさん。
    ★福井県は『関西風』のお雑煮が一般的。
    ★愛知県は角餅・すまし汁だがお餅は焼かずに煮る。具材は小松菜とかつお節を飾るのみとシンプル。
  • 近畿地方:『関西風』の中心。お餅だけでなく、具材すべてを丸くするのが特徴。
    ★三重県はすまし汁で角餅を煮る中部地方よりのお雑煮。
    ★奈良県は関西風ながら『丸餅を焼く』のがポイント。また、雑煮からお餅を取り出し、きな粉につけて食べる独特な文化も存在する。
  • 中国地方:鳥取・島根と岡山・広島・山口に二分される。
    ★鳥取県・島根県:小豆雑煮と呼ばれるお汁粉・ぜんざいのようなお雑煮が特徴。
    ★岡山県・広島県・山口県:いわゆる『関西風』のお雑煮。
  • 四国地方:基本は『関西風』だが、徳島県・香川県は味噌汁、愛媛県と高知県はすまし汁と汁物が異なる。
    ★香川県では丸餅の中にあんこを詰めたあんこ餅を入れることも。
    ★祖谷山(徳島・高知の県境)では、お餅を入れず、マイモ(山芋の親芋)と豆腐のみを入れた雑煮を食べることも。
  • 九州地方:すまし汁で丸餅を煮るお雑煮が主流。
    ★大分県:すまし汁に焼いた丸餅を入れる。
    ★福岡県:あごだしにブリを入れる博多雑煮が有名。長崎県でも食べられる。
    ★宮崎県:猪肉を入れることも。
    ★鹿児島県:焼いた海老で出汁を取るさつま雑煮が食べられる。
  • 沖縄県:お雑煮を食べる風習がない。代わりに具だくさんの味噌汁であるイナムドゥチが広く食べられる。

地域ごとにこんなにも違いがあるなんてビックリだね!他の地域のお雑煮も美味しそう。

お雑煮と一口に言っても、こんなに種類があるなんて調べてみてビックリしました。

いつもはオーソドックスな関東風お雑煮をいただく我が家ですが、来年からは他の地域のお雑煮も食べてみたいです。

※参考 全国のいろいろな雑煮:農林水産省

タイトルとURLをコピーしました