ヨーグルトを加熱すると乳酸菌はどうなる?「ホットヨーグルト」の効果とは?

「おなかに優しい」と言われ腸活の味方として人気のヨーグルト。

毎日食べるならバリエーションを増やし、いろいろな料理に使っていきたいですよね?

しかし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は「菌」。

もしかしたら乳酸菌は加熱すると死んでしまうのでは?と思い、実際どうなのか調べてみました。

さらに、ちまたで話題の「ホットヨーグルト」とその効果についてもまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヨーグルトを加熱すると乳酸菌はどうなる

ヨーグルトを加熱すると乳酸菌は死滅します。

シンプルに殺菌されてしまうのですね。

加熱で殺菌されてしまうので、乳酸菌が持つ

  • 整腸作用(腸内フローラの改善)
  • 免疫力アップ
  • 消化・吸収・排せつのサポート

といった嬉しい効果が得られません。

つまり「健康のためにヨーグルトを料理に使おう!」と思い立ち、加熱してしまったら乳酸菌の効果を完全に得られないのです!

乳酸菌が死滅する温度は?

乳酸菌が死滅を始める温度は60℃と言われます。

乳酸菌によって死滅し始める温度はやや異なります。

しかし、75℃で15分間加熱するとほぼすべての乳酸菌が死滅します。

煮込み料理で15分近くグツグツさせたらアウトということですね。

死滅した乳酸菌でも効果はある?

乳酸菌は死滅したとしても身体に良い効果を与えます

死滅した乳酸菌は腸内で善玉菌のエサとなり、間接的に腸内の善玉菌を増やすことにつながります。

また、腸内の免疫器官に刺激を与え、免疫細胞を活性化させる効果も期待されています。

たとえ死滅した乳酸菌でも、身体にとって良い効果が得られるなんてスゴいですね!

加熱以外でも乳酸菌は死滅する?

加熱により殺菌されてしまう乳酸菌ですが、実は加熱せず普通に食べるだけでも死滅してしまいます。

乳酸菌を死滅させてしまうのは胃液。

胃酸が強すぎて、乳酸菌は簡単に死滅してしまうのです。

加熱してもしなくても結局死滅してしまうなんて・・・。

そのため、できるだけ乳酸菌を死滅させないようにするには食後にヨーグルトを食べるのがオススメです。

食後なら胃酸のはたらきが弱まり死滅する乳酸菌を減らすことができます。

よく「生きて腸まで届く乳酸菌」という言葉を聞きますが、普通は死滅してしまうのに生き残って腸まで到達するのはスゴいことだったのですね!

「ホットヨーグルト」は身体に良い?

「ヨーグルトを加熱すると乳酸菌が死滅する」と説明してきましたが、近頃、賢い腸活としてホットヨーグルトというものが流行っています。

ホットヨーグルトとは、文字通りヨーグルトを温めて食べることです。

この「ホットヨーグルト」は本当に身体に良いのでしょうか?

ホットヨーグルトの身体への効果

ホットヨーグルトの身体への効果は身体を冷やさないことにあります。

冷蔵庫で冷やされたヨーグルトをそのまま食べると身体が冷やされ代謝が下がってしまいます。

しかし、ヨーグルトを温めることで身体への吸収率がアップ。

体が温まることで基礎代謝も上がるの健康に良いと言われています。

栄養が増える、というわけではなく吸収しやすくなるのが効果のようですね。

けれども、ホットヨーグルトにすると乳酸菌が死滅しやすくなるとの意見もあります。

一般社団法人 日本乳業協会によると

40~45℃なら乳酸菌はすぐには死にません。しかし、時間の経過によって死滅していきますので、すぐに食べるのがよいでしょう。50℃でも瞬間的に温度を上げた場合は死にませんが、時間が経つと40℃のときよりも急速に死滅します。

一般社団法人 日本乳業協会

とありました。

また、日本乳業協会のHPには

乳酸菌にとっては製品として販売されているときの温度帯が最も活性化しやすい状態を保っているといえます。

と記載されていました。

つまり冷蔵保存されている温度が乳酸菌にとってはベストということですね。

ただ、食べ方として否定はしない、ともありました。

冷たい食べ物を控えているという場合には、食べ方の1つとして取り入れるのもアリだと思います。

ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトは乳酸菌が死滅しない程度にヨーグルトを温めるのがコツです。

温める温度は40~50℃。

50℃以上は乳酸菌が死滅してしまうので避けます。

材料・一杯分

  • プレーンヨーグルト:100~120gほど
  • はちみつ・砂糖など:お好みで

作り方

  1. 温めても大丈夫なカップにヨーグルトとお好みで甘味料を入れ混ぜる。
  2. 電子レンジで500W・40秒温める。
  3. 温め終わったら混ぜて完成!

基本レンチンのみで簡単ですが、あたためは「ぬるい」と感じる程度に抑えるのがコツです。

デメリットとしては、レンジのマイクロ波により乳酸菌が多少死滅してしまうこと。

しかし、死滅した菌も身体に良いはたらきがあるので、そこまで気にする必要はないと思います。

アレンジとしてバナナなどフルーツを加える食べ方もあり、味変で毎日続けやすそうですね。

まとめ

  • ヨーグルトを加熱すると乳酸菌は死滅する。
  • 乳酸菌が死滅し始める温度はおよそ60℃。
  • 75℃で15分間加熱すればほぼ死滅する。
  • 死滅した乳酸菌でも腸に良い影響を与える。
  • 乳酸菌は胃酸でも死滅するので、ヨーグルトを摂取するなら食後が良い。
  • ヨーグルトを温める「ホットヨーグルト」は吸収が良くなるという理由でオススメされている。

ヨーグルトは60℃から乳酸菌が死滅していってしまうなんて知らなかったです。

また、ホットヨーグルトに関しては存在すら知りませんでした。

温めすぎなければ身体に良いヨーグルト。

寒い季節になったら重宝する食べ方かもしれませんね♪

この記事は一般社団法人 日本乳業協会の情報を参考にしています。

タイトルとURLをコピーしました